独り閑話

独り閑話

まずはじめに、個人事業主にすぎない私が多くの方より助けをいただき、開催している当イベントのホームページにおいて、私の権限で発信する事は誠におこがましい事と理解したうえで綴らせていただきます。

私が10代の頃に4ヶ月で「もの作り」を断念し営業職を務め、また「もの作り」の現場に戻り、「もの作り」を通して色々な方とお会いし、今の社会を見て感じたこと、伝えたいこと。

今から数年先、私達の生活環境は大きく変化していきます。

ここ数年その予波(予告になる波)は十分にきており、知感している方もいらっしゃると思います。
そこで「もの作り」で生きていくために直接的、間接的につながっている事をこのページを通じ私の独り閑話として発信します。

文才もなく、くどい内容でお目汚しになる点も多くあるかと思いますが「こんな考えもあるのか」と頭の隅の隅に置いていただければ幸いです。

なぜ閑話をやるのか

私は作り手として生かされ10年ほどになります。
その中で先輩やお世話になった職人、最高の作品を作る作家が何人も廃業するのを見てきました。
自分のやってきた事を活かして何かできないか、間接的にでも何か伝えれることはないのか。

そんな中、最初にできたのが「てづくりサーカス」です。
スタッフとして色々な作り手と出会い、自分も路上販売や手作り市からやってきたこと、話しながら向き合えれば、何か伝えれたり活躍するためのヒントを発見してもらえるのではないかと、そうすれば廃業する作り手が一人でも減るのではと傲慢ですが考えました。

廃業する方は「一時的にやめるだけ」や「貯金を食いつぶすだけになるから」と様々な理由があるとおもいます。
ですが先代の遺恨や自分がこさえた以外の借金等がなければできるだけ頭を柔軟に、視野を広げて健全に運営する手段を考えてください。
今まで作り手として一本で生きてこられたのは誰のおかげなのかをまず第一に考えてください。
休業する場合はせめて再開する時期を明確にして責任をもって挑んでほしいと思います。

…こんな調子なので色々お話しをお伺いした目上の作り手に対しても作品の作りや弱い所を指摘し嫌厭されることもあります。

10年そこそこやっただけのものが偉そうに、と感じられる事もあります。

そうして色々な作り手と接していく中、直接話す方法の他にも作り手のタイミングで、空いた時間に聞いたり見てもらえるものはないかと考えました。

小さい脳を絞った結果「独り閑話」を始めようと思いました。

これからの時代、作り手として一本でやっていく事は容易ではありません。
ですがこの国だからこそ「モノ作りで生きていく」と言うことに大きな可能性があると信じて自分を、作品を磨いてほしいと(自分を含め)伝えたいと思います。

「独り閑話」の内容は一見別物に見えるものもありますが、私がそこに繋がると感じる事として綴っていきたいと思います。