今月のピカイチさん

今月のピカイチさん

ごあいさつ

てづくりサーカスを開催していて作り手さんと作品作りの話になった時によく「個性はどうやって出すのか?」と聞かれる事があります。

確かに作り手さんの多くが悩む問題のひとつとして「個性の表現法」というものがあります。
「わたしが作るものは素材からこだわっているし、全部オリジナルで個性的よ☆」とおっしゃる方も多いと思いますが、個性をどう出せばいいのかという悩みを持つ作り手さんも多いです。

ここでは自他の「他」も認めるような個性のある作り手さんの
「ここが個性!」という部分を運営事務局・肥後の独断と偏見で紹介するコーナー。
題して「今月のピカイチさん」を今年、2018年の4月より月に1度、全10回で更新していく予定です。

このコラムを見ていただき、作り手さんの抱く「個性とは何だろう?」「どうやったら表現できるんだろうか?」「人と違う事ってどういうこと?」という疑問の答えにはならずとも、何かの手がかりになれば幸いです。

※私が思う「個性」は、その人以外に全く例がないというわけではなく「多くの方が見て個性的だと思うかどうか」という事を基本と考えます。
(もちろん特許庁からの認可があったり本当に特別な物もあります)

コンセプトとしては見る人の大多数が「個性的である」と認められるものであれば、活動の仕方しだいで作り手や自身のブランドとして生きていく事ができるという考えをもとに「個性」と表現します。

第4回 今月のピカイチさん

今回ご紹介するピカイチさんは「Hozumi KABAN」さんです。

鞄をメインに革で色々な作品を作るブランドで男気のある作り手さんがひとつひとつ丁寧に制作しています。
数年前に手作り市などに出店している時に出会い、今は全国の催事に出店されています。

メインの鞄の説明をする前に、姉妹ブランド「ナチュカ」で制作されている小物を紹介したいのですが、なんといいますか、デザインに「艶」があります。

作り手さんの独自の世界観はもちろんあるのですが、それだけではない「艶」があると感じます。
特に革小物は同じ革を使っていてもどこか大人の艶っぽさを感じます。

メインの鞄ですが特徴はなんといってもこの斜めのファスナーライン。
この形を見ればホズミカバンだ!とわかります。
立体裁断でファスナーを縫う事は素人目で見てもなかなか難しそうだと感じます。
そこに加え、お客様の聞き腕に合わせ「右掛け、左掛け用」にそれぞれ制作をされており、ポケットの数やカラーもオーダーできます。
お客様に寄り添う姿勢、心意気を感じます。

他にもホズミカバンさんは革だけに拘らずご自身のセンスで海外から持ち手の紐を取り寄せたり、ゴブラン織りを使用したり異素材を合わせて作るところも魅力の一つです。
これからも囚われない作りや独自のアイデアでお客様を楽しませてほしいと思います!

ではでは来月も艶ッ艶のピカイチさんにご期待ください!

第3回 今月のピカイチさん

今回ご紹介するピカイチさんは「うみまゆ」さんです。

長年彫金のお仕事をされていた方で現在は独立し、ジュエリーベースのアクセサリーを制作しています。
見た目も笑顔も濃い群馬のおじさんで話すととても愛嬌のある作り手さんです。

作品に長年培われた技術と技がちりばめられているのはもちろんのことですが、ジュエリーではあまり使用されない「貝」をテーマに制作されていおり、色々な貝を削り、磨いて自由自在な形に仕上げていきます。

シェルでアクセサリー作品をつくる方はいますが、「うみまゆ」はうみまゆさん独自の世界観と確かな技術の上で完成する作品が売りです。

初めは手探りでイベント出店されていましたが現在は大手の百貨店催事などで活躍されています。
たまに当イベントにも出店されますのでその時にはぜひ独自の世界を楽しんでください。

一般的に個性というのは「オンリーワン」や「唯一無二のもの」と重くとらえられがちですが、ここでいう個性は作り手さん個人が思う「作品のアピールポイント」や「作品のチャームポイント」と捉えて考えるといいのかもしれません。

まずは難しく考えずに自分の作品のアピールできるポイントは何だろう?
いくつあるだろうか?
それはオンリーワンではないけど十分なアピールポイントになるのではないか?
など、作品を見たり出店している時の風景を思い出しながら考えてみるのもいいかもしれません。
そこにはご自身でも気付かなかったオンリーワンが隠れているかもしれません。

ではまた来月もピカイチさんを見てくださいね!

 

第2回 今月のピカイチさん

今回ご紹介するピカイチさんは「木楽本舗」さんです。

木楽本舗

寄木細工を長くされている方で当初は木を彫って帽子やブローチなどを制作されていましたが、僕の言葉では表現できないほど様々な技法で寄木作品を制作されています。

着色は一切せず銘木の自然の色合いを生かしたアクセサリーをはじめ、バターナイフやスプーンを制作していますが驚くべきは樹木に対する深い興味と知識。
樹木の話になると愛着と人柄の良さがにじみ出ます。

しかしそれだけではどこがピカイチさんなの?ということになりますよね。

寄木細工をされている作り手さんで金属や天然石等の異素材を使用して制作される方は何人かいます。

もちろん木楽さんも天然石などを合わせて作品を作ることもありますが、作品の中でこれはおもしろい!と感じたのは「カーブさせた寄木」です。

ポテトチップスのようにカーブさせたようなもの(表現悪いですが率直にそう思ってしまいました)から、螺旋状にカーブしたものまで、大きさも様々でほとんどがリバーシブル!

木楽さんの性格とは逆(?)で裏表があるんです!(表現悪いですが率直にそう思ってしまいました!)

そこにとどまらず進化を続け一昨年前に完成したのが螺旋のオブジェです!

初めてこの作品を見た時に樹木好きの木楽さんのDNAが具現化されて出てきたような感じがしました。

作りの繊細さと大胆なボリュームで見る人を魅了します。

一見の価値アリですが――この作品は木楽本舗の裏メニュー。。
ほとんど毎月出店いただいておりますが滅多にお目にかかれません、、

「持ってきてよーー見たいよーーーお願い木楽さん!」と、今回は心の叫びで締めさせていただきました。

ではまた来月のピカイチさんでお会いしましょう!

 

第1回「今月のピカイチさん」

最初にご紹介するピカイチさんは「pao na miu」さんです。

pao na miu

裁縫を長くされている方で、当初はクマやゾウなどを制作されていましたが、だんだんヤモリやオオサンショウウオやウミウシなどを制作されるようになったようです。

pao na miu

作品のモチーフも個性があるのですがpaoさんの魅力は作りの拘りと生地やボタンのセンスです。

ここにこんな柄の生地を使うの!?っと毎回びっくりなところや
生き物の指先までしっかり作り込むだけではなく、中身や握り心地まで拘っている、生地や針仕事が好きなだけではないpaoさん独特の世界があります。

pao na miu

次はどんな作品を作ってくるんだろうと楽しみになります。

pao na miu

paoさんは西宮神社のてづくりサーカス開始から出店頂いている作り手さんです。
お申し込みの時に頂いたカメレオンの写真がとても印象的で、イベントを始めて最初に「この人どんな作り手なんだろう?会ってみたい!」と思った方です。

pao na miu

最初の頃は机もテントもない状態で出店されていて、僕が雨男のせいもありビニールカバーをお貸ししたりでした。

そんなpaoさんも今は全国を飛び回り活躍されている作り手さんです。

pao na miu

ツイッターやインスタグラムもされてますのでチェックしてみてください。

ではまた来月!

 

「個性」に関わる作り手さん3つのタイプ

今まで接した作り手さんと個性に関わるお話になった時、大まかではありますが以下の3つのタイプにわかれると感じました。

①何を作っても個性がでる人
②個性を理解し個性を出す人
③個性があると思い込んでいる人

この3つのタイプをもとに特徴やそのタイプの方が直面しやすい壁や壁を超えるためのヒントを感じたままですが書きたいと思います。

 

①何を作っても個性がでる人

①のタイプの方は何をやるにも自分が出てしまうタイプの方が多く、作り手としては個性を出しやすく、やり方を間違えなければ大成しやすいタイプです。

◆特徴

生まれつき独自の感性を持ち、人との関わりも個性的で一人でもやっていけそうと思われますが、作り手として純粋に生きていくうえで窮屈さや孤独を感じている方も多いです。
(本人は気付かず周りの人が「あの人大変だろうな」と感じる事もある)

◆壁

個性的な表現で魅了できる反面、対人や価格、経営面で悩む事が多いです。

◆壁を超えるためのヒント

このタイプの方は若い頃に社会に出、もまれた経験が多いほど、日本では大成する可能性があると思いますが、長年作りに専念されていたり、社会にもまれた経験が少ないと感じる方は、ご自身を客観視できるよう自分の見えない部分を写す鏡になるような人を身の回りに置く事ができれば、見えなかったものが見えたり胸のつっかえが取れたりする事もあります。
そういった方との対人思考をできるだけ柔らかくすることも大事です。

鏡になる人と向き合ううちに悩みながらも色々な選択肢を発見し、視野を広げると、納得できる結果が出せるようになってくると思います。

 

②個性を理解し個性を出す人

②のタイプの方は自分ならどうするか、どうしたいかという考えと共に、相手にどうアピールすればうまくいくかを考え個性を表現するタイプです。

◆特徴

社交性があり、ある程度客観視できる方も多く、作品の打ち出し方もうまいです。

◆壁

①に比べ大成するというよりは、日々生きていけるくらいの成果で落ち着き、そこから抜け出せない、大きな挑戦をしたくてもなかなかできない方が多いと思います。

◆壁を超えるためヒント

直感というより経験や知識から学ぶことが多いので、やらない後悔よりやった後悔、考えた結果ダメだった時のリスクが深刻なものにならないのであれば挑戦してみるのもいいかと思います。

 

③個性があると思い込んでいる人

③のタイプの方は自分や作品には個性があると思い込んでいたり
そうなりたいと考えている方。

◆特徴

自身では「自分しか作っていない」「ウチでしかやっていない」と作品をアピールしますが、周りの方は「そんなことないんじゃないかな」と思っていたり、自信のなさから販売時にオンリーワンと言ってしまう方もいます。

◆壁

自分自身では全く気付かず「ウチでしかやっていない」という方もいますが、自覚していて個性がないと突っ込まれないようにバリアを張ってしまったり、強がってしまい、たまに後悔したり、方法や発想で躓きがある方もいると思います。

◆壁を超えるためのヒント

大前提として③タイプの方の思考がダメということではなく、①の方と比べても個性が大切である事は十分認識していると思うので、根本的に自信のない所を改善していく事が大事だと思います。
慎重に物事を進めたいと考える方も多いので、まず視野を広める努力と、個性への理解を深め、自分にしか出せない本当の個性を追求できれば自信がつき成功にもつながると思います。

 

ご自身が個性を武器としたモノ作りをされているとすれば、どのタイプが近いと感じたでしょうか?
私個人の経験ですごく大雑把に三分したので、「どれも当てはまらないよ」という方ももちろんいらっしゃると思います。
もし近い部分があれば、何かの参考にしていただければ幸いです。